Twins Story~ツインレイの話~

これまでに主ブログで書いていたツインレイの話を抜粋、更新しています。

これまでに主ブログで書き起こしたツインレイ話の抜粋と、新しく綴ってもいます。

個人的な体験の話 ‐エネルギー交流‐

私側の性に関するブロックがきれいに外れた後に、少しずつ性的な(エネルギーなど)諸々が起こるようになりました。正確には、「そういったものにあった嫌悪感なども消えていきました」という内容の話を相手に伝えてから~(以下略)

『個人的な体験の話 その1』より抜粋

引用した記述にあるように、私(たち)にそれが始まったのは、私側の準備が整ってからでした。よくツインレイ体験談で見聞きするような「ツインレイ、もしくはそれだとおぼしき相手と出会って、直ぐに」ということでは無かったです。

個人的な体験の話 ‐生い立ちや体験の年表‐ - Twins Story~ツインレイの話~に綴っているように、かつて私には性別違和がありました。自分は男性であるというようなものではなくて、女性であることを受け入れられないがために行き着いた結果が、男性的な振る舞いや男装するといったものでした。後に精神世界を知ることとなり、自分を見つめていく過程で過去世を見たこともあり、自身の性別へのブロックや女性であることへの抵抗には、大きく過去世が関係していることに気付きました。そこから昇華していきブロックが外れ、今に至ります。
ブロックが外れるには、他の観念等を昇華するよりも時間を要しました。それは、過去から長く続くものであったこと以外に、これまでに抑え付けられてきた女性(性)の集合意識といったものも関係していたからでした。


性別違和、性に対しての嫌悪などを抱えていたことから、恋はしたことがあっても、これまで恋愛をしたことはありませんでした。(男性、女性、それ以外の性別カテゴリーの方でも)恋人がいたことがないので、性的なことは経験したことがありません。自分のそういった状態について、特に何か思ったりしたことはありませんが、ツインレイや霊的な体験をしている中で思い至るに、一つは、レイ以外の存在との肉体面での性的な繋がり(エネルギー)を持たないためであったのだろうと思っています。必然という流れにおいての。
そして、今やこれからの時代に生まれくる子たちは、恐らく、はじめから自身のレイ相手とだけの肉体的な繋がりをするのだろうと感じています。(勿論、別の相手とそういった関係を持つことが良い悪いとかという話ではなく、です。)

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△


エネルギー交流が始まって(もしくは、それを受け取れるようになって)、現在で半年ほどが経ちました。大抵は就寝する頃にありますが、昼間の内にあったり、お風呂に入っている時に起こったりする時もあります。あと、寝ている時にあるときは、それで目が覚めたり、影響で性的な夢を見たりします。
交流が起こったはじめの頃は、一度だけ、いつまで続くんだろと思うほど長時間起こっていた日を除いては、ブロックが外れたばかりなのもあってか、期間を開けたりして、エネルギーもそれほど強くはなかったです。段々回を重ねるごとに期間を挟まなくなり、私が寝てしまったり疲れていたりでなければ、今はほぼ毎夜ぐらいあります。エネルギー面でも同じく、回を重ねるごとに少しづつ強くなっていきました。この間のライオンゲートの8日を経て、また一段とエネルギーが増しています。

エネルギー以外と言えばいいのか分かりませんが、こちらが寝ている時に相手がちょっと遊びに来ているらしく、体のどこかしらに触れていたりすることもたまにあります。それもまた、それで目が覚めたり、性的な夢を見たりします。こっちの体感は、ブロックが外れる前にも、ちょこちょこっとありました。

寝ている時の交流や触れることについては、私が、「寝ている時も触れていいですよ」と話したことがあるので、だと思います。

▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△


今は、以前のようにXジェンダーという感覚はなく、ただ空が顕れたそれとして在ります。女性という体を持っていること、それにより凹として相手方のエネルギーを受け入れられること、女性という性の面白みなど、今はそれらの神秘が純粋に楽しいです。(自我が薄いこともあるでしょうが、)性的なことへの変な恥しさはなく、地球人のその在り方を楽しみながら、性を慈しんでいます。
地球という分離した場所で女性と男性として生れつき、彼を愛することが出来、またその愛を育んでいけることは、大きな喜びです。

長くなりましたが、エネルギー交流については以上です。また何かある際には、別途記述しようかと思います。

広告を非表示にする