Twins Story~ツインレイの話~

これまでに主ブログで書いていたツインレイの話を抜粋、更新しています。

これまでに主ブログで書き起こしたツインレイ話の抜粋と、新しく綴ってもいます。

囁き言葉

『愛へ還る道程』

この道程は、あなたがあなたへと還っていくための道程である。茨のように見える道も、よく観察すれば、それは果実のなった木の葉の影である。果実はあなたへのギフトだ。 よく味わい食せば、どのようにしてその実が付いたのか、何故それがギフトであるのかが…

『宇宙として』

自分のレイ相手が誰であるとか、どういう人であるとか、また、自分はどんな人であるかとか、どういうツインレイ体験をしてきただとか…、そういった部分は他者には関係のない話だが、 ツインレイが一つになる(←これは比喩だけれど。)ということや、そこから生…

『還るときには』

『還るときには』 いつかは誰もが、自分の一対の相手と出会う。自分がここに居るということは、その相手も必ず居るということ。同じ場所であったり、ここではない別の場所であったり、くっついて一緒にいたり。還るときには、また一つ。その時を皆待っている…

『ツインレイ』

存在を選ぶのでもなく、探すのでもない。そこに在ったことに気付くものだ。はじめからそうであったことに、既に出会っていることに、知っていたという事実に。思い出すだけだ、隣に居たのが誰であったかを。あなたを内側から見つめ続けているのは、誰である…